結婚に関する解釈

結婚に関するこのような解釈を見つけました。さてこのようなものをどのように考えたらよいのでしょうか。

『私たちは基本的には皆、結婚をしますよね。それは世界中のどこででも、どんな時代でもそうでしたし、今後、まったく結婚がなくなる日が来るということはないでしょう。しかし、多くの人は離婚をし、そしてまた結婚することを、何度も何度も繰り返します。未婚者たちの多くは結婚に憧れ、既婚者たちの多くは自由に憧れます。そして、離婚経験者たちはしばしの自由を味わった後、ほとんどの人がまた結婚をしようと考えるのです。しかし、その新しい結婚生活においても、自分たちが得たいと思っているものを得られるわけではありません。彼らが何回もそれを繰り返すのは、楽しく甘い蜜のような結婚前の関係を求めているからです。これを彼らは「愛」だと信じています。しかしそれは「のぼせ愛」でしかありません。彼らはのぼせ愛を経験しているときには、お互いを性的にも社会的にも完全に受け入れます。そして、その状態がいつまでも続くことを強く望むのです。ですが彼らは、のぼせ愛が、真実の愛とは違うという厳しい現実には気づいていません。のぼせ愛は、ふたりがお互いのことを深く知るにつれ、はかなく消えていきます。そのときにはお互いに心を痛めますが、甘い蜜のような関係を終わらせることにはならないのです。』

間違っているとは思いませんが、何か少しの違和感を感じてしまいます。その違和感を改めて考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>