出会って思いやりにあふれていた頃

奥さんは旦那さんを批判しない選択をすることもできたはずですし、旦那さんも奥さんと口論をしない選択ができたはずでしょう。こういったことは、なかなか自ら選んでいるようには感じることが難しいかもしれません。ですが、人があなたに無理やり何かをさせるということはなく、あなたの行為はすべて、最終的にはあなたがやると決めたことなのですよね。この場合においても、ふたりはともに自分の行為を選択しています。そして、ふたりともそれぞれに、自分がしたことは正しいことだと信じていたはずです。互いに相手は自分を変えようとしていると信じています。無意識に思ってしまっている「相手が変わることが正しい」という考えを、「自分がどうすることが最善か」という考えに置き換えることを学ぶべきなんですよね。それだけでふたりの関係に大きな変化がもたらされることは間違いありません。でも出会った頃のことや、結婚したばかりの新婚の頃を思い出してみると、そのような考え方を整理していなくても、それと同じような暖かい愛情のある思いやりのある振る舞い方をしていたと思うんです。出会ってときめいて思いやりにあふれていた頃を思い起こすことが少しでもできれば、態度はおのずと変わってくるということなのかもしれません。
女子高生出会い系サイト状況

戻るべき場所

事あるごとに口をついて出てくる言葉がありました。

「僕がはじめたのではありません。彼女が僕を怒らせたのです。それ以外に何があるって言うんですか」

このような態度では何も解決しませんよね。自分がしてきた行為を、より効果的な行動に置き換えることができるようになる、選択理論という考え方を紹介されたことがありますがこれはいいと思いました。誕生してから死を迎えるまで、私たちがすることはすべて行動であり、すべての行動は自分で選択したものである。あなたは幸せと不幸せのどちらを選んできましたか?このことばが意味していることは、「あなたの頭に浮かぶ思い、顔の表情を含めた身体的行為、ジェスチャ、声の調子や抑揚などは、すべてあなた自身が選んだもの」ということです。 続きを読む