出会って思いやりにあふれていた頃

奥さんは旦那さんを批判しない選択をすることもできたはずですし、旦那さんも奥さんと口論をしない選択ができたはずでしょう。こういったことは、なかなか自ら選んでいるようには感じることが難しいかもしれません。ですが、人があなたに無理やり何かをさせるということはなく、あなたの行為はすべて、最終的にはあなたがやると決めたことなのですよね。この場合においても、ふたりはともに自分の行為を選択しています。そして、ふたりともそれぞれに、自分がしたことは正しいことだと信じていたはずです。互いに相手は自分を変えようとしていると信じています。無意識に思ってしまっている「相手が変わることが正しい」という考えを、「自分がどうすることが最善か」という考えに置き換えることを学ぶべきなんですよね。それだけでふたりの関係に大きな変化がもたらされることは間違いありません。でも出会った頃のことや、結婚したばかりの新婚の頃を思い出してみると、そのような考え方を整理していなくても、それと同じような暖かい愛情のある思いやりのある振る舞い方をしていたと思うんです。出会ってときめいて思いやりにあふれていた頃を思い起こすことが少しでもできれば、態度はおのずと変わってくるということなのかもしれません。
女子高生出会い系サイト状況

戻るべき場所

事あるごとに口をついて出てくる言葉がありました。

「僕がはじめたのではありません。彼女が僕を怒らせたのです。それ以外に何があるって言うんですか」

このような態度では何も解決しませんよね。自分がしてきた行為を、より効果的な行動に置き換えることができるようになる、選択理論という考え方を紹介されたことがありますがこれはいいと思いました。誕生してから死を迎えるまで、私たちがすることはすべて行動であり、すべての行動は自分で選択したものである。あなたは幸せと不幸せのどちらを選んできましたか?このことばが意味していることは、「あなたの頭に浮かぶ思い、顔の表情を含めた身体的行為、ジェスチャ、声の調子や抑揚などは、すべてあなた自身が選んだもの」ということです。 続きを読む

結婚生活の盲点

さらに愚痴は留まることなく続きました。

「一週間のうち二度や三度は、彼女は朝早くから友だちとどこかへ出かけて行き、夕食の時間まで帰ってこないんです。いったい一日中どこに行っていたのか、なぜ帰る時間を言わなかったのかと聞きます。携帯電話をもって出かけるように言うのですが、いつも忘れたと言うのです。それが僕にとって彼女がどこで何をしているのかを知ることができる唯一の方法なのにです。この間も彼女が裏から何かの荷物をこっそり運び入れているのを見つけました。僕は彼女に隠しごとをされるのがいやなんです。悪くとらないでください。彼女はいつでもどこにでも行けます。必要なものは何でも買えるんです。ただ僕がほしいのは、ちょっとした気づかいだけなんです。彼女はいつも僕には何の関係もないというような態度をとります。どうしたら結婚したころの彼女のように戻ってくれるのでしょうか。」 続きを読む

やることなすことすべて

旦那さんはこんなことも言ってましたね。

「なぜか彼女は僕の手助けを望みません。僕はなんとか彼女を助けてあげたいと思っているだけなんですが、僕が助けようとすればするほど、彼女はいやがるのです。先週、彼女は僕に大声をあげて、「台所に入ってこないで」とわめきました。彼女は、いつも邪魔をする僕に気が狂いそうだと言うのです。でも、僕は台所ではしっかりと働きます。彼女がきれいにするよりも僕のほうが上手いくらいです。彼女がどれほどひどいことを言ったか、理解してもらいたいですね。僕は頭にきたので、彼女と話す気がなくなりました。すると彼女は僕が口をきかないと言って怒るのです。僕のやることなすことすべて、彼女をいらつかせるだけなのです。これまで一緒に成長してきて、将来どんなに幸せなときを過ごすことになるだろうと夢にまで見ていたのに、なんでこんな状態になってしまったのでしょうか。ふたりで家にいるときも、彼女は家中を掃除し続けます。」 続きを読む

全く見方が違う

結婚して10年くらいのある奥さんの意見を聞く機会がありました。

「私は彼を愛しています。彼にもいいところがたくさんあるんですが、彼といるとおかしくなってしまいそうです。この間、私は彼の言動にがまんできなくなってしまい、彼に向かって大声で叫びました。そうしたら彼は、私にものを言わなくなってしまい、その後二日間も私を無視し続けたんです。たしかに、私が彼に向かって怒りをぶつけたとき、彼を傷つけてしまったとは思います。でも、彼は再び私と話をするようになると、まるで何もなかったかのように振る舞うんです。」

またその旦那さんの意見を別に聞く機会もありました。 続きを読む

結婚に関する解釈

結婚に関するこのような解釈を見つけました。さてこのようなものをどのように考えたらよいのでしょうか。

『私たちは基本的には皆、結婚をしますよね。それは世界中のどこででも、どんな時代でもそうでしたし、今後、まったく結婚がなくなる日が来るということはないでしょう。しかし、多くの人は離婚をし、そしてまた結婚することを、何度も何度も繰り返します。未婚者たちの多くは結婚に憧れ、既婚者たちの多くは自由に憧れます。そして、離婚経験者たちはしばしの自由を味わった後、ほとんどの人がまた結婚をしようと考えるのです。しかし、その新しい結婚生活においても、自分たちが得たいと思っているものを得られるわけではありません。彼らが何回もそれを繰り返すのは、楽しく甘い蜜のような結婚前の関係を求めているからです。これを彼らは「愛」だと信じています。しかしそれは「のぼせ愛」でしかありません。彼らはのぼせ愛を経験しているときには、お互いを性的にも社会的にも完全に受け入れます。そして、その状態がいつまでも続くことを強く望むのです。ですが彼らは、のぼせ愛が、真実の愛とは違うという厳しい現実には気づいていません。のぼせ愛は、ふたりがお互いのことを深く知るにつれ、はかなく消えていきます。そのときにはお互いに心を痛めますが、甘い蜜のような関係を終わらせることにはならないのです。』 続きを読む

本当に良い婚活サービスって?

より具体的にお勧めの婚活サイトというものを教えてくれる人もいましたね。『東証2部に上場していて、全国54カ所のネットワークを持ち婚活活動をサポートをしているのが、イオングループの「ツヴァイ」です。会員数は約36,000人ですから業界では、最大級の規模を誇っています。また法人会員及び団体会員では779社が参加しているので、規模の大きさに驚かれるかもしれません。また「ツヴァイ」では、個人情報の取り扱いには、万全の体制であたっているので、安心して婚活活動を行えていけるのです。また、婚活でもっとも重視しなければならないのが、自分が理想とする相手を如何にして見つけるかにかかっています。「ツヴァイ」が考えているのは、理想的なカップルを作っていくために価値観や結婚観さらにお互いのパーソナリティの一致を如何にしたらできるかです。 続きを読む

ネット経由の婚活パーティー

昨日の続きなんですが、こんな話も聞きましたよ。

『ネットでは大手が運営している婚活支援サイトに、「○○」がありますが、忙しくてなかなか良いパートナーに巡り会えない方の出会いを支援していくサイトです。結婚は人生の目的でもあって、誰もが理想的な結婚を求めているかと思いますが、「○○」は、そう言った方へのサポート役として、結婚を目的とした、婚活を応援してきているのです。 続きを読む

ネット婚活に対するイメージ

ネット婚活をすすめるこのような勧誘を以前受けました。

『気軽にネット婚活を始めたい人におすすめしたいのが「○○」で、今迄の結婚相談所のような形式ではなくて、もっと自分の気持ちで活用していける、結婚支援サイトです。今迄の結婚支援を行っていく相談所と比較して驚くのが、スタート時点で無料でご利用頂ける点です。メールでの付き合いから始まって行くシステムですが、メール交際相手が決まるまでは、無料でサイトをご利用できます。 続きを読む

インターネット時代の選択

結婚するのにお見合いがいいと昔の人はよくいいますし、若い人はお見合いなんて絶対に嫌だという人は多いですよね。でもどっちが幸せな結婚に結びつくのかはよくわかりません。そんなことを深く考えていけたらいいなぁと思っています。今やインターネットによって、婚活を行って行く時代となってきています。ネットの最大のメリットは、情報収集力ですから、多くの婚活を求めている人がネットサイトに申し込んでいますので、選ぶ側としては、多くの選択肢の中からより理想的な相手を見つけていけるというものです。またネット環境は、スマートフォンや携帯の浸透で、より簡単にアクセスできるようになってきていますから、ネット婚活は今後ますます大きく飛躍していくことでしょう。いままでの結婚相談所で行われてきた婚活が、より広範囲な形で利用できるネットによって、これからの婚活は大きく進歩するのです。今や多くの若者が婚活として、「合コン」や「街コン」に集まっていて、ひとつの社会現象ともなってきているのです。また、いざネット婚活を始めていこうとするときの婚活サイト選びも重要です。そのためには、今は人気ランキングとう選択肢があります。人気ランキングを見ていくと、どこの婚活サイトが良いのか比較検討していけますので、そのなかから、自分の求めている方向の婚活サイトを決めていって、具体的なアプローチを開始していけるのです。ネットというのはお見合いと自然な出会いの両方のよいところを満たしているようにも思えますよね。